【ひろゆき切り抜き】起業とギャンブルの違い

質問1
起業家や個人事業主が金を稼ごうと思って死ぬほど努力した結果、
事業に失敗し多額の借金を背負い破産したとします。
結果として収支はマイナスとなりますよね。
彼らがその期間した行動は果たして仕事といえるのでしょうか?
もしこれが仕事と呼べるのであれば競馬やパチンコで
負け続ける廃人との違いはなんでしょうか?

質問2
先ほど破産した起業家とギャンブル中毒者の違いを質問した者です。
質問は収支がマイナスでも仕事と呼ぶかどうか?です。
ブラック企業社畜のサービス残業のように、
世の中に価値を与えていたとしてもお金の入ってこない場合ってありますよね。
世の中に価値を与えるけどお金にならない行為を仕事と呼ぶのか?
世の中に価値を与えないけどお金になる行為を仕事と呼ぶのか?
明確な線引きは難しいかと思いますが、
ひろゆきさんの見解を聞かせてください。

質問3
先ほど破産した起業家とギャンブル中毒者の違いを質問した者です。
個人的にアニメーターは仕事というよりは趣味に近いと思っています。
仕事はあくまでもお金を稼ぐための手段というふうに考えています。
この考えで生きてたら世の中に価値を与えることは難しいですかね?

#ひろゆき切り抜き #ひろゆき #起業とギャンブルの違い